長沢ひろあきの実績

震災復興、災害対策の先頭に立つ

IMGP4108

健診受診のガイドラインを策定

東日本大震災発生後、避難先で健康診断を受ける際の費用について、不安の声が寄せられました。直ちに調査をし、参議院の震災復興特別委員会で厚生労働相を追及。
「健康診断受診のガイドライン」が策定され、避難者の皆さまが安心して健康診断を受けられるようになりました。

震災関連法の成立をリード

民主党政権(当時)との協議の最前線に立ち、原発事故の賠償金の仮払いを促す「仮払い法」など、約2カ月間で5本の震災関連法の成立に尽力。
復旧・復興に欠かせない「復興基本法」においては、公明党案を丸のみする形で修正が加えられ、成立にこぎつけました。

病院船の実証訓練を実現

2014年には党の災害対策本部事務局長に就任。何を差し置いても災害現場に急行し、救援・生活再建に全力を挙げてきました。
また、東京湾上での病院船の実証訓練を実現し、災害時の海上医療支援を前進させました。


障がい者・高齢者福祉の充実を図る

DSC_3022-1

転落防止のホームドアを設置

2011年1月、視覚障がい者の男性が東京のJR目白駅で転落死するという痛ましい事故がありました。
この事故を受け、障がいのある方々や高齢者を守るため、視覚障がい者の利用率が高いとされる目白駅と大塚駅にホームドアを設置しました。

内方線付き点状ブロックを整備

駅のホームの内側部分に線状の突起を付け、ホームの内外が分かるようにした「内方線付き点状ブロック」の整備を、ホームドアの設置と同時に進めてきました。
現在、JR東日本の乗降人員10万人以上の駅で進行中です。

認知症対策の新プランを推進

2025年には、認知症の人が約700万人前後となり、65歳以上の5人に1人に上昇するとの見通しが示されています。
これを踏まえ、認知症対策において、世界最先進国にと主張。省庁横断の「認知症施策推進総合戦略」(新オレンジプラン)の策定を推進しました。


将来の暮らしが安心できる社会をつくる

DSC_1299-1

プレミアム付き商品券で消費喚起

2014年度補正予算において、経済対策と地方創生を目的とした自治体向けの「地域住民生活等緊急支援交付金」(総額4200億円)を盛り込み、各地で地域の消費喚起につながる「プレミアム付き商品券」の発行が実現しました。

母子家庭、ひとり親の自立をサポート

厚生労働省の調査では、母子家庭の約85%が「生活が苦しい」と回答しています、そうした実態を国会で取り上げ、母子家庭の生活支援や相談窓口を一本化するように要請。
その結果、国から、ひとり親世帯などの自立を応援する方向性が示されました。

ワンストップ相談窓ロの整備に尽力

国として今後、子育てや教育、生活に関すろワンストップ相談窓口の整備をはじめ、子どもの学習支援、親の就業支援などに取り組むほか、公的賃貸住宅や民間賃貸住宅を活用し、ひとり親家庭と多子世帯等の「居住の安定」を図ることも確認されました。

TOP