復興副大臣を拝命

2016年8月5日

本日の閣議において、第3次安倍再改造内閣の副大臣が決定しました。
公明党からは3人が起用され、私は復興副大臣を拝命したことを、皆さまにご報告申し上げます。

初の副大臣会議の席上、安倍総理は「この内閣の最大の使命は『未来への責任』を果たすことである」と強調。「各副大臣には、それぞれの分野の改革に受け身ではなく、果敢にチャレンジを」と呼び掛けられました。
この言葉をしっかり受け止め、復興大臣をサポートするとともに、参院災害対策特別委員長や党の災害対策本部事務局長として培った力を存分に発揮し、震災復興に全力を尽くすことをお誓い申し上げます。

さて、このほど閣議決定された事業規模28兆1000億円の経済対策では、公明党の主張が反映され、東日本大震災と熊本地震からの復興関連の内容が盛り込まれました。
秋の臨時国会で成立を期す補正予算に計上される予定ですが、スピーディーに成立させ、震災復興を一段と加速させる決意です。
これからますます忙しくなりますが、私の心には闘志がみなぎっています。「皆さまと共に」と心を定め、現場第一主義で走り抜いてまいります。

※写真は首相官邸ホームページより転載。

S__12541956


TOP