群馬県各地で街頭演説会

2016年6月30日

本日は公明党の石田祝稔政調会長と共に、群馬県各地で街頭演説会を行いました。石田政調会長と私は、党の災害対策本部長と事務局長を務めた時期があり、これまで、東日本大震災など、さまざまな災害対応に当たってまいりました。
今や、地球温暖化などで自然災害は新たなステージに入ったとの識者の指摘もあります。ところが、現在の東京一極集中の中で、万が一、首都直下地震などが発生し、首都機能が大打撃を受けた場合、これをバックアップする機能がないのが現状です。今後、首都機能をバックアップする代替拠点の構築が求められていると考えます。
例えば、群馬県など比較的地盤が固いとされる関東の地域に、首都圏を支える機能を設けるというのは、これからの大事な課題です。
いずれにせよ、私自身が先頭に立ち、迅速な災害対応、的確な防災・減災対策に全力を尽くしてまいります。
いよいよ明日から7月。選挙戦も折り返し地点です。期日前投票を含め、どうか皆さまの貴重な一票を「長沢ひろあき」に託してくださいますよう、心からお願い申し上げます。必ず勝ちます!
13516216_817838298318134_9062283922591906220_n


TOP