待遇改善の確保が重要 派遣法改正の実効性訴え 安倍首相に長沢氏

2015年9月4日

参院厚生労働委員会は3日、安倍晋三首相が出席して労働者派遣法改正案の質疑を行った。質問に立った公明党の長沢広明氏は「安心して派遣という働き方を選択できる環境整備が重要だ」として、待遇改善の必要性を強調。安倍首相は、改正案では、派遣先に対して自社の賃金情報を派遣元(派遣会社)に提供するよう求めていることなどに触れ「待遇改善をしっかり確保する」と述べた。
 また長沢氏は、派遣元の新たな義務となる雇用安定措置やキャリアアップ支援について、政府が責任を持って着実に運用するよう訴えた。安倍首相は「派遣事業を全て許可制とし、必要な措置を講じない派遣元には厳正な指導などを行う」と答弁した。

(2015年9月4日付 公明新聞より転載)


TOP