東洋大学白山キャンパスにて

2016年6月19日

昨日、母校の東洋大学白山キャンパス(東京・文京区)の前を通った際、すれ違いざま、「あれ、長沢ひろあきじゃん?」と若者たちから。若い方々の思わぬ反応がうれしくて、振り返って「こんにちは」とあいさつすると、「やっぱ、本物だ!」「ポスターの人だ」と彼らは口々に(笑)。

「そうです。本物なんです」と笑顔で握手を求めたところ、「東洋大の学生です」「長沢さんも東洋大卒なんでしょ?」と言ってくれ、しばし語らいが広がりました。短時間でしたが、彼らは奨学金の問題や就職活動の不安など、多くの意見を寄せてくださいました。しっかり心に刻み、若者政策に取り組んでいくことをお約束しました。

「18歳選挙権」が実現する本年、学生をはじめ若者の「声」が政治を動かす原動力になることは間違いありません。「学びやすい」「働きやすい」社会の実現へ、若い皆さまと手を携え、前進していきます。

13445677_812586355509995_2076339628792340094_n

13466513_812586388843325_6237158031871623226_n


TOP