うれしい出会い

2016年6月17日

去る15日、茨城県つくば市内での公明党時局講演会で、母校・東洋大学同窓生とのうれしい出会いがありました。

激励に駆け付けてくださったのは、東洋大学出身の脚本家で、映画監督を務める五藤利弘氏。五藤監督は、同県取手市在住の小説家・竹吉優輔氏の青春ミステリー『レミングスの夏』(講談社刊)の映画化を進めていらっしゃいます。調べてみると、竹吉先生も東洋大学大学院文学研究科を修了されており、ご縁を感じました。

講演会には多数の自民党関係者もご出席くださり、同党の岡田広参院議員(茨城県選出)に登壇していただきました。公明党の党員と青年局有志、地元の県議・市議の皆さまも本当にありがとうございました。

S__8970261


TOP