救援物資の確保万全に 党対策本部 大雨被害で政府に要請

2015年9月11日

公明党の北関東洪水対策本部(本部長=井上義久幹事長)は11日午前、衆院第2議員会館で会合を開き、関東や東北地方で降り続いた大雨による被害状況について政府から聞き、今後の対応を話し合った。
 井上幹事長は、大雨で各地の堤防が決壊し、浸水被害が出ていることから、政府に対して被災者の救命、救助活動に引き続き懸命に取り組むことを要請。「最大限必要な支援を行うよう、あらためてお願いしたい」と力説した。
 同対策本部の長沢広明事務局長(参院議員)と岡本三成、輿水恵一の両衆院議員は10日に被災地入りし、それぞれ首長や避難住民から受けた声を代弁。具体的には、行方不明者の捜索活動に全力を挙げる一方、道路が寸断されたことにより、飲食料品など救援物資が不足している避難所があるとして、十分な確保を進めるよう訴えた。
 党は11日午後、大雨被害の拡大を受け、「北関東洪水対策本部」の名称を「栃木県・茨城県・宮城県等大雨災害対策本部」に変更し、メンバーに東北選出の国会議員らを加えた。党宮城県本部も同日、災害対策本部を設置した。

(2015年9月12日付 公明新聞より転載)


TOP