ネットワークが活力源/長野の賀詞交歓会 統一地方選勝利へ全力

2015年1月18日

公明党長野県本部(太田まさたか代表=県議、県議選予定候補)の新春賀詞交歓会が17日、長野市で開かれ、公明党の漆原良夫中央幹事会会長、長沢広明、平木大作の両参院議員が出席しあいさつしたほか、来賓として阿部守一県知事、自民党国会議員らがあいさつした。

席上、漆原氏は先の衆院選での支援に謝意を表明。続いて「景気の好循環を地方、中小企業、家計にどう波及させるかが課題」とし、国会で2014年度補正予算案、15年度予算案を「一日も早く成立させたい」と述べた。

さらに「公明党の活力の源は3000人の議員のネットワーク。地方議員がいつも国民に寄り添っていることが、公明党が政権の中で頑張れる原動力だ」と強調。4月の統一地方選について「全員当選めざし全力で頑張る」と語った。

(2015年01月18日付 公明新聞2面より転載)


TOP