福島県の内堀県知事から要望を受けました

2017年6月2日

去る5月30日、復興庁へお越しになった福島県の内堀雅雄県知事とお会いしました。

内堀県知事からは、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された地域の、福祉・介護体制の再構築に関する要望を受けました。
現地では、福祉・介護の人材が不足し、施設運営が非常に厳しい状況であることから、
①福祉・介護人材を対象に貸与される就職準備金の増額
②全国の事業所から県内に職員を送り出すための支援
③事業所経営が安定化するまでの運営費のサポート
などの要望がありました。

私からは、福祉・介護の充実のために、関係者をはじめ、各関係省庁と連携を取って推進していく旨を約しました。引き続き、被災地のさらなる復興加速に向け、全力で取り組んでまいります。


TOP