被災地復興応援イベント

2017年2月24日

去る22日、公明党の山口那津男代表と共に、参院議員会館で行われた東日本大震災の被災地復興応援イベントに参加しました。
今回で3回目となる同イベントでは、福島、岩手、宮城の被災3県の特産品を販売。公明党の推進で、今回から防災備蓄品コーナーも開設され、そのまま食べられる「おこげ」や5年間保存できる「ようかん」などが紹介されました。
また、23日には「復興応援大使」の内村航平選手(体操男子)が就任後初めて福島県へ。内堀雅雄知事を表敬訪問し、私も県庁に同行しました。この日は、県が昨年発表した「来て」をキャッチコピーとした観光PRポスターに呼応して、復興庁が作製したポスターがお披露目。ポスターは「行くよ」の3文字と内村選手の写真が載ったものになっています。”内村大使”からは「復興応援大使として、体操選手として、競技で皆さんに勇気と希望を届けたい」とのエールが寄せられました。


TOP