年金事業への監視強化/情報流出で長沢氏 機構と検証委の連携も

2015年7月3日

 2日の参院厚生労働委員会で公明党の長沢広明氏は、日本年金機構の情報流出に関する厚労省の第三者検証委員会に言及。検証委が早急に原因を究明し、再発防止策を提言できるように「機構は検証委と密接に連携を取るべきだ」として、さらなる協力を求めた。
 一方、長沢氏は年金事業の運営改善に向け、年金事業全体の調査審議を行う社会保障審議会の年金事業管理部会のあり方をただした。
 塩崎恭久厚労相は、「第三者性を強め、監視機能を抜本的に強化する」と答弁。その上で、部会として国民の声を受け付ける窓口を新設し、情報セキュリティーの問題に対応する専門家7人を増員するとともに、部会の開催頻度も増やすと述べた。

(2015年07月03日付 公明新聞2面より転載)


TOP