福島県楢葉町にて

2016年11月16日

東京電力福島第1原発事故で避難指示が出された福島県双葉郡の住民帰還に向け、医療・介護従事者らとの意見交換会に出席いたしました(14日、同県楢葉町)。
これは、故郷への帰還を望む避難者の多くが医療・介護の不安を抱えていることを背景に、初めて開催されたもので、現場の声を聞き、省庁横断で安心して生活できる環境づくりを進めるのが狙いです。
そこで意見交換会には、古屋範子厚生労働副大臣、高木陽介経済産業副大臣(共に公明党)と一緒に参加を。皆さまの貴重なご意見を伺わせていただきました。
私と古屋副大臣はこれに先立ち、楢葉町内の、ふたば復興診療所や特別養護老人ホーム「リリー園」、ふたば救急総合医療支援センターを視察。
リリー園では、永山初弥施設長から「介護職員の人材不足で、入所者を思うように受け入れられておらず、赤字経営が続いている」との実情を伺い、入所者の皆さまと懇談いたしました。
復興副大臣として震災復興を力強く進めるのはもちろんのこと、一貫して取り組んできた介護職の方々の待遇改善といった問題にも、引き続き全力で取り組んでまいります。

112


TOP