キャリア向上 より可能に/長沢氏に厚労相 派遣法改正案の利点強調

2015年7月9日

 派遣労働者の雇用安定やキャリア形成支援などを強化する労働者派遣法改正案が8日、参院本会議で審議入りし、公明党の長沢広明氏が質問に立った。
 長沢氏は、法改正によって働き方がどのように変化し、待遇改善が進むのかについて「派遣労働者のメリット(利点)を含め分かりやすい説明を」と訴えた。
 塩崎恭久厚生労働相は、派遣労働者に対する計画的な教育訓練や雇用安定措置を派遣元(派遣会社)に義務付けることで「(労働者が)派遣として職に就いた後にステップアップして正社員になったり、複数の派遣先を経験しながら専門性を磨き、積極的にキャリアアップを図るような働き方が可能になる」と説明。賃金や福利厚生などの面でも待遇改善が進むと答えた。
 また、長沢氏は「教育訓練などの実効性をどのように担保するのか」とただした。塩崎厚労相は、キャリア形成支援制度を派遣事業の許可・更新要件に追加するとともに「取り組み内容を事業報告事項とする」と答弁。さらに、キャリアアップ支援の効果を派遣元自らが公表すれば「派遣労働者からも選ばれやすくなる」として、自発的な取り組みを促す考えを示した。

(2015年07月09日付 公明新聞2面より転載)


TOP