福島復興産業人材育成塾

2016年10月14日

去る9日、福島県田村市で「福島復興産業人材育成塾」の開講式が行われました。同塾は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響により、厳しい事業環境に置かれている県内の12市町村で、将来を見据えた産業界の人材を育成するのが狙いです。復興庁のモデル事業として、来年3月までの期間、地域の中核となる12人の経営者が塾生として学びます。
開講式では、塾長を務めるアイリスオーヤマ株式会社の大山社長をはじめ、冨塚田村市長らに、ごあいさついただきました。私からは「復興を支えるのは人である」と強調。12人の塾生お一人お一人が、福島復興を担う12本の柱になっていただきたいと念願しました。
またこの日、浪江町の合併60周年記念式典にも出席させていただきました。

img_3020 fullsizerender-5 img_3019


TOP