重要政治課題を研さん/千葉県本部で夏季議員研修会

2015年7月22日

 公明党千葉県本部は11日、千葉市内で夏季議員研修会を開催した。これには長沢広明県顧問(参院議員)、平木大作県代表代行(同)、角田秀穂県副代表(衆院議員)が出席した。
 研修会では淑徳大学教授の結城康博氏が、「高齢者を取り巻く格差問題」と題して講演を行ったほか、角田県副代表が平和安全法制について説明するなど、今後、公明党議員が率先して取り組むべき課題について学び合った。
 また、岡田貴志・木更津市議、川島富士子・横芝光町議が活動報告を行い、党勢拡大の模範となる日々の活動内容を紹介した。
(2015年07月22日付 公明新聞7面より抜粋)


TOP